Home » 新着情報 » 夏に向けて運動を

夏に向けて運動を

投稿日 : 2018.5.15 カテゴリ : 新着情報

こんにちは、QOL向上センター希望のつぼみの河嶋です。

私事ですが、夏に向けて最近ダイエットを始めて一ヶ月ちょっと経過し、現在1.8kgの減量に成功しました。

今は無酸素運動と有酸素運動をそれぞれプログラムに沿って行っています。

始めて聞く人にとっては無酸素、有酸素とは?と疑問に思うことでしょう。

そこで今回は無酸素運動と有酸素運動について、ご説明したいと思います。

無酸素運動とは酸素を使わないという意味ではなく、動きや負荷が強いため酸素を吸うことができない、もしくは息が切れるような運動のことをいいます。

基礎代謝量を増やし、脂肪燃焼よりも筋肉を鍛えるのに効果があります。

一方、有酸素運動は酸素を体内に取り込むことで、脂肪燃焼を活発にする効果のある運動です。

また、血液の流れが良くなることで代謝がアップし、便秘やむくみといった症状の改善が期待できます。

運動の中には両方の特徴を持ち合わせたものもありますし、無酸素運動がダイエットに全く使えないというわけでもありません。

しかし、脂肪を燃やしやすいという点においては有酸素運動の方が効果が高いのです。

効率の良い有酸素運動は心拍数を120以上で、20分以上運動を行うといいそうです。

発汗が始まり、脂肪が燃えやすい時間帯が20分以降なので、それ以上運動を継続するのが有効です。

身近な運動ですと、ウォーキングやランニングなどが良いかと思います。

皆様の中にはお正月から体重が増えたままという方はいらっしゃいませんか?

体重が増えると高血圧などのリスクや、膝にかかる負担なども増えてしまいます。

怪我や病気を防ぐためにも、運動はとても大事です。

2か月先の夏に向けて、サイズダウンを目指して、しっかり体を動かしていきましょう!

Copyright(c) 2018 株式会社青山 「希望のつぼみ」 All Rights Reserved.