Home » 新着情報 » デイサービスでの機能訓練を考える

デイサービスでの機能訓練を考える

投稿日 : 2018.7.7 カテゴリ : 新着情報

希望のつぼみのホームページをご覧の皆様、こんにちは。

私は以前、日本作業療法士協会主催の講演会で基調講演を拝聴した際に、ハッとしたことがありました。

「今日は雨が降っているから屋外歩行は止めておきましょうね」

このような言葉がリハビリの中で飛び交っていないですか?というものでした。

「では、患者様や利用者様は雨の日に外を歩くことができなくても良いのですか?その練習の機会をリハビリスタッフが奪うのですか?」

当時、その問いに自信を持って答える事ができなかったことを思い出し、改めてデイサービスでの個別機能訓練を考えてみました。

介護保険は、自立支援の為にあります。

ご自身で出来る事は続けて頂き、生活で必要な事を練習していく、そして生活の質(QOL)を高めていく、それこそが機能訓練士の役割であると思います。

      

今日、希望のつぼみ銭函では、ご自宅での清掃動作をすることが難しくなってきているご利用者様の生活を考え、清掃動作を実際に行って頂きました。

新聞紙を濡らして細かくしたら汚れが落ちやすいことも教えて頂きながら行いました。

「できないことをできるようにすることもリハビリですが、残された機能でいかにできるようにするかを考えるのもリハビリ」

その時に教えて頂いたことの一つです。

ご利用者様に寄り添うことは、日常生活を一緒に考え、喜びも悲しみも一緒に感じる事であると思います。

「家族がやっている掃除を手伝おうかな」と一言。

今まではできないと思っていたことに少し意欲が出られたのかもしれません。

デイサービスに来ていただき、一つでも希望を持って頂けたのであれば、我々の喜びです。

Copyright(c) 2018 株式会社青山 「希望のつぼみ」 All Rights Reserved.