Home » 新着情報 » 野菜を育てる

野菜を育てる

投稿日 : 2018.7.10 カテゴリ : 新着情報

皆様こんにちは。QOL向上センター希望のつぼみです。

近頃はだんだんと暑い日が増えてきたように感じますね。

皆様のご家庭では野菜もすくすくと育ってきていることでしょうか。

今時期ですと、トマトやナスなどの夏野菜が目を引きます。

さて、そんな夏野菜ですが育てる上で注意点がいくつかあるそうなので、本日はその注意点についてお話ししたいと思います。

野菜を育てる中で、ある時思うように育ちにくくなったことはありませんか?

同じ場所で同じ野菜を育てていると、土の微生物や養分の偏りによって病気が起こりやすくなり、生産量が少なくなることがあります。

これを「連作障害」といい、同じ野菜や別の野菜を育てても影響が出てしまいます。

ナスはこの連作障害が起こりやすく、トマトはナスを育てた後の土でよく発生するため注意しましょう。

対策として、同じ場所で同じ野菜を続けて作らず、違う種類の野菜を順番に作っていく「輪作」という方法があります。

他にも完熟堆肥などの有機物を入れたり、病気に耐性のある品種や苗を選ぶことが対策になります。

ちなみに、ナスは最初の実を早めに摘み取るとその後長く収穫できるそうです。

トマトは芽欠きや、小さかったり傷のあるものを間引く摘果をすると美味しい実が取れるとのこと。

ご高齢の方は畑仕事を楽しみにしているという方が多く、ご利用者様にも普段から野菜を育てている方がいらっしゃいます。

最近は天候も不安定ですので、気温やご自身の体調をみながら楽しんで頂きたいと思います。

Copyright(c) 2018 株式会社青山 「希望のつぼみ」 All Rights Reserved.