Home » 希望のつぼみグループのリハビリテーションについて        

希望のつぼみグループのリハビリテーションについて        株式会社青山 「希望のつぼみ」

リハビリテーション

当グループには、総勢50名以上のリハビリスタッフが在籍しており、各施設で個別リハビリテーションと集団リハビリテーションを提供しております。

個別リハビリテーション

個別リハビリテーションを実施していくに当たり、まずは、機能訓練士が身体状態の評価を行い、御利用者様や御家族様の御希望をお聞きしながら、生活の質の向上を目指した目標を設定し、それを達成するためのプログラムを立案し、実施していきます。定期的に再評価を実施しながら、目標やプログラムの再考をし、生活の質が向上していくように御利用者様と二人三脚で行っていきます。

言語聴覚療法

脳血管性疾患後遺症による言語障害(失語症や構音障害)や高次機能障害(認知症機能低下、記憶・注意障害など)、嚥下障害に対して言語聴覚士が個別に言語聴覚療法を提供しています。

<言語療法の様子>

運動療法

脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血など)後遺症や整形疾患(変形性膝関節症、腰椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症など)をはじめ、様々な疾患によるADL能力低下に対して、機能訓練士が個別に運動療法を提供しています。

<運動療法の様子>

 

集団リハビリテーション

食事中のむせ込みや誤嚥性肺炎の予防を目的とした嚥下体操を昼食前に行っています。また、機能訓練士による集団体操も行っております。

<集団リハビリテーションの様子>

 

自主トレーニング機器

機能訓練士が御利用者様の身体状態に合ったトレーニング機器を選択し、負荷や実施時間の設定を行った上で自主トレーニングを行っていただいています。

<自主トレーニングの様子>

 

     サンディングボード             ロムーバー

 

      レッグプレス              ヒップアダクション

Copyright(c) 2014 株式会社青山 「希望のつぼみ」 All Rights Reserved.