冷房病に御注意

皆様こんにちは。QOL向上センター希望のつぼみです。

本日は旭川で30度の真夏日となりました。

先日から雨も時折みられ、日によっては蒸し暑さを覚える日もあります。

窓も開けずに締め切ってしまうと、室内でもかなりの高温状態になります。

今はエアコンがある家庭も増え、暑い日も快適に過ごせるようになってきました。

ただ、この時期によくみられるのが冷房病と呼ばれるものです。

冷房「病」といいますが病気ではなく、自律神経が乱れている状態のことをいいます。

冷えに対しての抵抗が弱くなり、だるさや頭痛、食欲低下などを引き起こします。

体が冷えるからとエアコンを嫌う人もいますが、室温を適切にするためにエアコンはとても便利なものです。

設定温度を下げすぎてはいませんか?

温度は外気温から3~4度低い数値が設定の目安になるそうです。

エアコンをつけっぱなしにしない、風に直接当たらないなど、使い方に注意してうまく活用することが大切です。

できれば服装や食事にも気を配り、体を冷やし過ぎないように気をつけましょう。

これからだんだんと暑さが厳しくなると予想されますが、エアコンと上手に付き合い、夏を快適に過ごして頂きたいと思います。