言葉のリハビリ

皆様こんにちは。QOL向上センター希望のつぼみです。

希望のつぼみ神楽岡ではお体のリハビリと別に、希望される方に言語や飲み込みについてのリハビリも行っております。

言葉が出にくい、声が小さくなった等、悩みは人それぞれです。

個人の問題に合わせてプログラムを考え、実施させて頂いております。

先日はこのような用紙で、言葉の仲間分けを行っている様子がみられました。

これは言葉についての情報、概念を定着させる練習になっています。

例えば言葉そのものが思い出せなくても、その概念から結びつく言葉をだせるようになります。

そこから自分で思い出せたり、他者からの推測が容易になったりします。

ご利用者様によってはお話を途中でやめることが少なくなり、会話に積極的な一面がみられるようになりました。

こうしたプリントはリハビリ以外にも脳トレ目的で使用することもあります。

皆様の周りには言葉でお悩みの方はいらっしゃいますか?

希望のつぼみでは今後も、個々のニーズに合わせたリハビリを提供して参ります。