鬼は外!福は内!

皆さん、こんにちは。QOL向上センター希望のつぼみ真駒内です。
2月3日は節分でしたね。QOL向上センター希望のつぼみ真駒内でも、行事を行い、節分を楽しみました。

改めて、節分とは何か、調べてみました。
節分とは、季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことを指し、年4回あります。
旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、現在の大晦日に相当する大事な日だったようです。
特に年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、お馴染みの豆まきも新年を迎えるための邪気祓い行事として行われていました。

ということで、まずはご利用者様と一緒に新聞紙を丸めるところから始め、段ボールいっぱいになったところで、機能訓練士扮する鬼が登場です!

鬼に向かって、豆の代わりに丸めた新聞紙を持って勢いよく「鬼はー外!鬼はー外!!」と威勢の良い掛け声とともに撒いておられました。
どんどん白熱してくると「鬼は外!」ばっかりになって鬼もたじたじに…。
最後には福の神も現れ、「福はー内!」で締めくくりました。

QOL向上センター希望のつぼみ真駒内も、ご利用者様に邪気を祓っていただき、今年一年も安心して過ごせそうです。
今年の鬼役の機能訓練士も、大変お疲れ様でした。