予防への取り組み

皆様こんにちは。住宅型有料老人ホーム希望のつぼみ屯田です。

希望のつぼみグループでは、昨今の新型コロナウイルスの流行に際して緊急対策チームを立ち上げ取り組んでいます。
その取り組みの一つとして事業所内は「温度22℃以上、湿度を50%以上を保つ」ため、2時間おきに温度、湿度を計測しています。
加湿器は必要な数が揃っていますが、常に湿度を維持する為と、ご入居者様を感染から守り、更にご入居者様にも感染予防を意識して生活して頂きたいという思いから、簡易加湿器を職員と共に製作しました。

簡易加湿器は新聞紙を筒状にし、端を数か所テープで止め、水を張ったバケツ等に入れて完成です。

製作中にご入居者様からも新型コロナウイルスに関して「濃厚接触ってどういうこと?」「皆で食事をするのは平気かい?」等の質問があったり、ご入居者様同士で意見交換している場面も見受けられました。
日々、不安になる情報も入り、まだまだ予断を許さない状況が続きますが、ご入居者様が安心した状況の中で生活し続けられるように職員一同、今できることに全力で取り組んでまいります。