牛乳パックのトレー作り

こんにちは。希望のつぼみ北見です。
施設の裏山にたくさん積もっていた雪も日に日に解け、所々山肌が見えるようになってきました。

春が近づくにつれて、エゾリスも日に何度も姿を見せるようになり、4月の出産の時期に向けて栄養を蓄えているのでしょうか?
可愛らしい姿にご利用者様からも喜ばれております。

さて、北見では3月の制作として、牛乳パックでつくるパッチワーク風トレー作りを行いました。

牛乳パックに5センチ角に切った様々な柄の布を両面に貼っていくのですが、まず初めにたくさんある布の中から、自分好みの布を選びます。
布選びはその方の個性が出るので、カラフルな模様でそろえる方、落ち着いた色味で統一する方、1種類の布だけを選ぶ方など様々な個性が溢れます!!

布一枚一枚にボンドを塗り、丁寧に張り付ける作業はとても集中力が必要です。

牛乳パックが見えないように布を重ね合わせ、だんだんと作品が仕上がっていく中で、周りの利用者様の作品を見て『その布かわいいね』『男性らしくて素敵だよ』など、お互いの作品を褒め合いながら楽しく作業が進んでいきました。

全面に布を貼り終え、四つ角に穴を開けリボンを通して完成です。

完成した作品を見て、『何入れたらいいだろうね?』という会話で盛り上がり、作品作りを通して利用者様同士の関係もより深まって、楽しいひと時を過ごすことができました。

まだまだ外出レクなどは難しいですが、その分室内でも皆様が楽しく、そしてリハビリに役立つようなレクを今後も実施して参ります。