どら焼き作り!

こんにちは、希望のつぼみ旭川東です。

 

おやつ作りを考えている中、餡子が食べたいなと、ご利用者様からお話をいただき、早速皆様で、どら焼きを手作りしてみました。

ホットプレートを囲み、ホットケーキミックスを使用して、ふんわり、ふっくらの「どら焼き作り」に挑戦!!

生地をひっくり返す際には「上手くいったね!」「きれいに焼けたね!」等の歓声も飛び交う他、挟んだ餡子が、はみ出るハプニングもあったりと、笑いなど、盛り上がりの絶えない、賑やかなおやつの時間となりました(^^♪

「どら焼きって、何で、どら焼きっていうのさ。」と、、、

名前の由来が気になったご利用者様がいらっしゃいましたので、早速、調べてみました。

 

どら焼きという名前は、形が打楽器の銅鑼(どら)に似ているという話が一つ。

その他には、源義経の一行である武蔵坊弁慶が怪我をした時に、ある民家で手当てをしてもらったそうです。そのお礼として、武蔵坊弁慶が持っていた銅鑼を熱く熱し、小麦粉を水で溶いて伸ばしたものを引いて、丸く焼いた生地を作り、餡子を包んだものを振舞ったことが、もう一つの由来として有力です。

 

それとは別に、どら焼きと聞くと、国民的アニメの「ドラえもん」を思い出すのは、きっと、私だけではないでしょう。

子供から大人まで、幅広く愛されているドラえもん。そんなドラえもんが、大好きなどら焼きを食べるときの、あの幸せそうな表情。まるで、今回のおやつ作りの時の、ご利用者様そのものでした。

この楽しい流れと雰囲気作りをこれからも継続できるよう、精進していきます。

 

余談ですが、、、。

あまりにも今回のどら焼きが美味しかったので、家で何回も作って食べました。その結果、体重が増えてしまい、うちの奥さんは、不幸せそうな表情でした。

個人的にも、精進が必要となりました((+_+))