骨を強くする運動

皆様こんにちは、げんきNAVI希望のつぼみ旭川東です。

ようやく暑かった夏から秋を感じるようになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、骨を強くする運動について、お話ししたいと思います。

年齢を重ねると骨の強度は低下し、骨粗しょう症になると骨折リスクが健常者よりも数倍高くなってしまいます。

高齢者の骨折で多いのが股関節の骨折、背骨の骨折、手首の骨折ですが、いずれも治るまでには約3か月程度かかり、その後も痛みに悩まされている方も少なくありません。

そのため、骨折リスクを避けるためには『骨粗鬆症の予防』が大切です。

という事で、今回は骨密度をアップさせる効果がある床ドン運動をご紹介します。

方法は簡単で、背伸びをしたところから踵で地面にドンと着地するだけです。

踵から振動刺激を与えると、その振動が脳へ伝わり骨を生成するホルモンが体内から分泌され、骨を強化していきます。

一日20回~30回程度で良いので毎日実施し、骨折しにくい体づくりを行っていきましょう。

※但し、ドンが強すぎると膝や腰を痛めてしまいますので、まずは軽めのドンから始めてみてくださいね。