歌を歌うことで得られる効果!!

皆さまこんにちは、QOL向上センター希望のつぼみ屯田です。

屯田デイサービスでは、通信カラオケ機を導入して定期的にご利用者様とカラオケを

行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護に携わる方であればご存知だと思いますが「歌うことで得られる効果」を改めて

お伝えしたいと思います。

 

①ストレス発散効果:歌うことでストレス発散ができます。ストレスが発散されることで、自律神経や血圧が安定し、睡眠障害や高血圧が原因で起こる脳血管性認知症のリスクを軽減することができます。

 

②誤嚥防止効果:歌を歌うとき、人は自然と口を大きく動かします。唇や舌など、口周りの筋肉を鍛えることで食べ物を喉に送り込む力が強化され、誤嚥防止につながる。

 

③音程やリズム、歌詞を読む事で脳が活性化される:歌うときには音程やリズムを正しくとろうとします。また、歌詞を読んだり、歌詞を思い出したりもするでしょう。音程やリズムをとったり、歌詞を読んだり思い出したりすることで脳が活性化し、認知症予防や記憶力の向上につながります。

 

④口腔環境が整う効果:口をたくさん動かすことで、唾液の分泌が促されます。唾液には口腔内の洗浄、抗菌、保護などする役割があり、分泌量が多ければ多いほど口腔内の環境が整うのです。

 

以上のように、カラオケや歌を歌うことで得られる効果は沢山あります。ご利用者様皆さまとこれからもカラオケを楽しんでいきたいと思います。