鯉のぼりを作りました!

皆さんこんにちは!希望のつぼみ苫小牧しらかばです。

苫小牧は毎日の気温の差が激しく、春の陽気が来たと思っても翌日はまた季節が逆戻りしたかのような繰り返しの毎日です。

例年ですと、午後から外出レクに出かけ、皆さん「外の空気が気持ちいいね」、「また出かけたいね~」などの声が聞けて職員も皆、嬉しい気持ちになったと聞いています。

しかし今コロナを心配する中、室内で何か楽しもうと創作活動として、鯉のぼりをご利用者の皆さんと制作してみました。

デカルコマニーという方法で紙と紙の間に絵の具を挟み、再び開いて偶発的な模様を鯉のぼりのウロコとして作ってみました。

絵の具の付き方によって利用者さんそれぞれの個性が出て、写真の通りとても面白い作品になりました。

利用者さんからは写真掲載の許可をとって載せています。

利用者さんもお互いの作品を見て色の変化の違いに「あら~不思議だわね」「面白いね~」と、とても楽しそうにお話されていました。

まだまだコロナの心配が消えません。これからも感染対策をしっかり続け、安心・安全なサービスを心掛けいつも笑顔で過ごして頂けるように頑張っていきます。

 

前の記事

簡単桜餅レシピ

次の記事

ご利用者様ご紹介