冷えの対策

こんにちは。
希望のつぼみ真駒内 機能訓練士の鈴木です。

札幌でも雪が降り始め、外に出ると空気の冷たさを強く感じるようになりました。

寒くなる季節、

膝が痛い
むくみがひどい
肩こりが強い
首から頭にかけて痛い

など、夏よりツライ症状がひどいと困っていらっしゃいませんか?

体の痛みがあると、何気ない日常の動作も億劫になり、面倒だからお家でじーっと動かず過ごす…
重い腰を上げて動くと更に痛い…
「痛くて辛いなぁ」と、気持ちが滅入ってしまうということが起きていませんでしょうか?
冬に酷くなる痛みは、『冷え』のせいかもしれません!
気温が下がると、筋肉が冷えて硬くなります。すると、筋肉の内側を通る血管や神経も圧迫されます。
圧迫されて血流がとどこおると、体の血の巡りが悪くなり暖かい血液が送られず、体は冷えて痛みが出てくるのです。
この冷え、なかなか自覚できていない場合も多いです。
当施設でも、痛みや浮腫のあるご利用者様に、
「冷えていませんか?」
と質問するのですが、自覚できている方は少ないです!自覚しているしていないに関わらず、冬場の間は体をしっかりと温めること、体を動かすことをお勧めします!膝や腰が痛い場合は、足首をしっかり温めましょう!
ズボンに靴下だけという方が多いですが、ズボンの中にタイツを履く、レッグウォーマーを足首につける等するとしっかり温まります。

ご自宅では膝掛けをかけて座るなどすると良いです。首や肩が痛くて辛い場合は、首元をしっかり温めてみてください。首元の空いた服よりもハイネックの服にする、ストールを巻く等が良いと思います。最近は、ドラッグストアや100円ショップにレンジでチンをして温めるカイロや湯たんぽのようなものがあります。安価で、熱湯で火傷するなどの心配もないので良いです。

当施設では、フットマッサージャーがあり、膝下全体を揉み解して血流をよくしてくれるので皆様のお気に入りのスポットとなっています。温めて、マッサージや運動で筋肉がほぐれると痛みも軽減しますので、是非皆様、この冬はしっかりと『温める』ことを意識して生活してみてください!