つぼみ秋祭り

皆様、いつも希望のつぼみホームページをご覧頂きありがとうございます。

本日希望のつぼみ神楽岡では各館合同でのレクリエーション、つぼみ秋祭りを行いました。

午前中から外では焼き鳥の準備も進んでいます。

そして昼食には社長お手製のラーメンも振る舞われ、皆様に大変好評でした。

そして午後、職員のものまね歌謡から祭りが始まります。

職員扮する石原裕次郎など、懐かしい面々に拍手が起こります。

ゲームはご利用者様参加形式の「重さ当て」。

数々の野菜がどれだけの重さか、同じ重さになるように土袋を作りその差を競います。

思ったよりも重さのある品々に頭を悩ませる皆様。

結果発表に参加者も観覧者もわあっと声が上がります。

そして目玉の「着物早着替え」。

実際に着替えるのはなんと男性職員です。

パートナーに手伝ってもらいながらいかに早く、きれいに着物を着られるかの勝負です。

化粧も済ませ、その美しさ(?)に皆様の笑いが止まりませんでした。

最後は全員で「上を向いて歩こう」の大合唱。

短い時間でしたが、皆様の笑顔があふれる、とても貴重な時間になりました。

このような時間を大切に、より多く過ごして頂けるように今後も職員一同、精一杯努めて参ります。