紅葉を見ながら

希望のつぼみ二十四軒です。

今年の残暑は厳しく、長い夏が過ぎ、朝晩の冷え込みも強くなってきましたね。

冷たい風や、帰りの送迎車に乗り込む時の早く沈む夕日に、早くも冬支度が必要な頃になってきたかと、ため息が出てしまいます。

そんな中、秋晴れのさわやかな日に、機能訓練でいつものように施設近くの公園を歩いていると、綺麗な紅葉が目に飛び込んできました。

 

 

 

 

 

 

日々の機能訓練ではある利用者様と、信号をしゃしゃっと渡れるように、紅葉の横の歩道約10mを10秒以内で歩けようにと、毎回タイムアタックをしています。

青信号の時間は、歩行速度を1m/秒と考えます。

横断歩道が10mだとすると、青信号は10秒と交通量や場所によりプラスαされると言われています。

 

この日ばかりは、信号の事は忘れ、のんびりゆっくり秋を楽しみながら散歩しました。

その後、他の利用者様にも、赤や黄色、色とりどりの紅葉を楽しんでもらいました。

 

いつも見慣れた風景の中にも、風情を感じるアンテナを立ててみると、秋風にも優しい気持ちになれるかもしれません。送迎車の中から、秋を探してみてください。