QOL向上センター希望のつぼみ屯田

みなさんこんにちは、QOL向上センター希望のつぼみ屯田です。

7月30日(土)にお誕生会のイベント後に行いました。リハビリと競争意識も高めながらのレクリエーションについてお伝えします。

射的ゲーム・・・紙コップを何個倒せるかを競うゲームですが、最初は遠慮しながら参加していたご利用者様でしたが、始めると力が入り、「あらー」「残念」などの大きな声が聞こえます。楽しんでいただきました。

もう一つは、車いすの方でもできるボール落としゲーム以外に簡単に見えてボール12個を穴の開いた段ボールに落とすゲームですが、12個のボール全てがなかなか入らない。これも工夫をしながら、頭と手をつかいながら行います。

両ゲームを通しいて、ご利用者さまの笑顔と、職員の頑張っている姿に感動をもたらします。ご利用さまの楽しんでいる姿が職員の喜びになります。ご利用者と職員が楽しんで行えるレクリエーションを今後も行っていきたいと思います。

※ボール落としは職員がデモンストレーションで行っている写真です。

本文に記載している個人情報につましては、ご本人様に承諾いただいた上掲載しております。